ユウキメイについて

子宮筋腫の体質改善に役立つ:買って良かったもの【ゆうきセレクション】

子宮筋腫の体質改善に役立ったもの

今までブログでご紹介してきた「子宮筋腫の体質改善に役立ったもの」をまとめました。

「子宮筋腫を自分で小さくするために体質改善したい」と私がいろいろ試してきた中で、本当に買って良かったと思った食品や日用品たちです。

もちろん今も食べている&使っているもので、体質改善に役立っています。

「体質改善して子宮筋腫を小さくしたい」または「子宮筋腫を予防したい」という方はぜひ参考になさってくださいね。

 

やわらかく炊ける無農薬玄米

モチモチしている玄米玄米はビタミンやミネラル・食物繊維などをバランスよく含んでいるパワーフード。子宮筋腫を小さくするには、筋腫を育ててしまう食べ物を避けて玄米と野菜中心の食事に変えることが効果的です。

玄米は栄養満点だけど「パサパサしてて美味しくない」とか「やわらかく炊けない」という理由で、毎日は食べられないという方も多いのではないでしょうか。

わたしも玄米は苦手だったのですが、こちらの玄米に出会って玄米のイメージが変わりました。今まで食べていた玄米と比べものにならいくらいモチモチっと炊けて美味しい!

ゆうき
ゆうき
ただ玄米は精米をしないため農薬が残留している場合があります。毎日食べるなら農薬不使用の玄米を選んでください。

玄米を美味しく炊くポイントは6時間くらい浸水してから炊飯器の玄米モードで炊くこと。それと少しだけ水を多めにして炊くとやわらかくモチモチっと炊き上がりますよ。

筋腫体質を改善するお茶

子宮筋腫にいいお茶子宮筋腫を小さくするには、免疫力を整えたり、お血体質や冷えを改善することも必須です。食べものだけでなく毎日飲むお茶でも筋腫体質を改善することができます

わたしは体質改善のために3種類のお茶を飲んでいます(下記で紹介します)。1種類だけだと飽きてしまうので、その日の気分によって飲むお茶を変えてます。 

それぞれのお茶の相乗効果で、毎日コーヒーや冷たいものを飲んでいた頃に比べて各段に体調が良くなりました。

グリーンルイボスティー

グリーンルイボスティーはフラボノイドの含有量がルイボスティーの10倍以上。

フラボノイドには抗酸化作用があり、加齢・ストレス・食品添加物・飲酒・紫外線などで作られる活性酸素を取り除く効能があります。

抗酸化作用は病気や老化を食い止める効果が期待できるので、子宮筋腫を肥大させないためにもグリーンルイボスティーはおすすめのお茶です。

わたしが飲んでいるのはこちら有機JASマーク認定のベジストーリーの「グリーンルイボスティー」。オーガニックなので安心して毎日飲めますよ。

黒炒り玄米茶

黒炒り玄米茶はマクロビオティックのお茶で、体温をあげて免疫力を高めてくれるお茶です。「玄米コーヒー」とも言われています。

黒炒り玄米茶は「砂糖・アルコール・乳製品・カフェイン・お酒・パン・化学調味料」などで陰性に傾いている(カラダが冷えている)体質を陽性に立て直してくれる効果があります。

低体温や冷えは子宮筋腫の大敵。黒炒り玄米茶を飲むとカラダがぽかぽかしてくるので、冷え性の方におすすめのお茶です。

黒豆茶

黒豆は血液の流れを良くするはたらきがあり、薬効が高いので薬膳食材としてもよく使われています。

東洋医学では、子宮筋腫はお血(おけつ)といって血の巡りが滞っていることが原因と考えられているので、血の巡りを良くしてれる黒豆茶も子宮筋腫の人におすすめなお茶です。

こちら↓の黒豆茶は黒豆が丸ごと入っているタイプで、お茶として飲んだ後にそのまま食べたり玄米に混ぜて炊いたりすることもできます。

こちら↓は黒豆が砕いてあるタイプで、黒豆は国産のものが使われています。

女性ホルモンのバランスを整えるハーブティー

女性リズムを笑顔で過ごしたい時にハーブティー子宮筋腫を小さくするために、活性酸素(老化や病気の元)を取り除き免疫力を整える「グリーンルイボスティー」、低体温や冷えに効果があるマクロビの「黒炒り玄米茶」、血の巡りを良くする「黒豆茶」を飲んでますが…

もうひとつ「女性ホルモンのバランスを整えるお茶」として、【女性リズムを笑顔で過ごしたい時に】というハーブティーも1日1回夕食後に飲んでます。

このハーブティーには【シャタバリ】というインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」で使われているハーブがブレンドされて、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果 があるんですよ。

生理のトラブル・PMS・不妊・更年期など、あらゆる年代の女性のサポートをしてくれる「シャタバリ」はまさに婦人科系のお助けハーブ。

わたしの場合、このハーブティーを飲むようになってから、生理前のイライラが気にならなくなったり、UAE後に不安定になっていた生理周期も安定してきました。

子宮筋腫は女性ホルモンの「エストロゲン」が過剰に分泌してしまうことで発生するので、子宮筋腫の方は女性ホルモンのバランスを崩さないことも重要です。

子宮筋腫以外にもホルモンバランスの乱れによる不調(更年期症状・PMS・生理痛など)がある方にも飲んでいただきたいハーブティーです。

話題の“女性の強壮剤”シャタバリもブレンド
enherbのハーブティー「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」

造血作用のある薬膳食材

造血作用がある食べ物子宮筋腫は血の巡りが滞っていることでも大きくなってしまうので、血流を良くすることが大事なのですが、血流を良くするためにはまず血の量を増やすことが必要です。

ゆうき
ゆうき
貧血でなくても血の量が少ない女性が多いそうですよ。

つまり「血液サラサラ」の前に「血液ドバドバ」にすること。なので、血を増やす造血作用のある薬膳食材「黒きくらげ」と「鶏肉」をよく食べるようにしています。

黒きくらげ

「黒きくらげ」は、婦人科系の特効薬といわれるほど、鉄分を豊富に含み、血液の汚れを浄化して血流を促す効果があります。

さらに…黒きくらげは鉄分だけでなく、カルシウムや食物繊維なども他のキノコより豊富に含んでいるので、子宮筋腫の方は積極的に摂りましょう。

わたしは炒め物だけでなく色んなお料理に入れてしまいます(パスタとか鍋とか)。おすすめは九州産のきくらげ。こちら↓のきくらげは肉厚で高級感ありますよ。

鶏肉

薬膳で鶏肉は「気血を補い、体を温め、胃腸助ける滋養食」といわれています。

子宮筋腫の人は肉を食べない方がいいのかと思われがちですが、肉をまったく食べないと血の原料であるタンパク質が不足してしまいます。

血液は鉄分のイメージがありますが、実は血液は水分を除くとほとんどタンパク質でできているんですよ。なので肉をまった食べないと血が足りなくなってしまうんです。

ゆうき
ゆうき
ってことで、わたしは週1回くらいは鶏肉を食べるようにしてます。

とくに韓国料理の 参鶏湯(サムゲタン)には、鶏肉をはじめ入っているものは血をつくる薬膳食材ばかりなので、筋腫持ちさんにはときどき食べていただきたい料理です。

参鶏湯を手軽に食べるにはレトルトが便利。こちら↓は化学調味料が無添加なのでおすすめです。

 

温活とデトックスできる入浴剤

温活とデトックスできる入浴剤子宮筋腫を改善するには「冷え体質」を治すことが必要不可欠でした。毎日の入浴(または半身浴)で温活するのが最も手っ取り早い改善方法です。

お風呂に入浴剤を入れると、温活だけでなくリラックス効果やデトックス効果もアップしますよ。

「1日の疲れを落としてぐっすり眠りたい」という方には、クナイプのバスソルトがおすすめ。カラダの芯まで温まり、やさしい香りにも癒されて、1日の疲れをリセットできます。

こちらはデトックス力がハンパない「死海の塩」のバスソルト。汗が大量に出まくります!香りはついていないので、好きなエッセンシャルオイルを数滴混ぜて使うのがおすすめです。

内側シルク+外側コットンのレッグウォーマー

内側シルク+外側コットンのレッグウォーマー子宮筋腫の人は足首とふくらはぎは絶対に冷やしてはいけないところ。足元で血液が冷やされると、冷えた血液が全身を巡ってカラダを冷やしてしまいます

足が冷えていると子宮も冷えてしまい、子宮の冷えは生理痛とも関係しています。

足首とふくらはぎを冷やさないためには「レッグウォーマー」が便利でした。

わたしがほぼ毎日&寝るときも履いているのは、こちらの「内側シルク+外側コットンの二重構造になっているレッグウォーマー」です。軽くて薄手なのにしっかり温めてくれて、冬場はもちろん真夏も快適です。

カラーのバリエーションは、ベージュ・オフホワイト・チャコール・グレーの4色、レッグウォーマーは外出用と自宅用の2セットあると便利です。同じ素材のこちら↓の腹巻きも併せると最強でした。

 

押しやすい足つぼ棒と煙の出ないお灸

足つぼとお灸カラダの中で生じる老廃物は血液より重たいので重力によって足にたまります。足裏にあるコリコリとした固まりが老廃物。

それを揉みほぐして血液に流してあげることで尿として排泄(デトックス)されます。

カラダにたまっている毒素(老廃物)がデトックスされることで免疫力がアップするし、子宮に対応している足つぼをマッサージやお灸で刺激することで、子宮筋腫が小さくなったり冷えが改善されたりします。

こちらはオカリナみたいな不思議な形状してますが、かなり優秀なツボ押し棒です。利き手ではない方の手で握っても力が入るのでグリグリ押せます。

足つぼケアをした後は、子宮系のツボにお灸を据えてます。服にも髪にも匂いがつかない、ペットがいるお部屋でも安心して使える「煙のでないお灸」がおすすめです。

オーガニックコットンの布ナプキン

オーガニックコットンの布ナプキン市販の使い捨てナプキンは、「熱さまシート」や「冷えピタ」と同じ成分「高分子合成ポリマー」という石油が原料の合成化学物質でできています。

これは経血が漏れないように固める成分なのですが、経血を吸収した高分子ポリマーは「熱さまシート」のようにゼリー状になって子宮を冷やしてしまいます

さらに恐ろしいのは石油から作られた合成化学物質は分子量が小さいため経皮吸収されやすい点です。

子宮筋腫を小さくするために、子宮を冷やしてしまう&経皮毒の恐れがある「使い捨てのナプキン」をやめて「オーガニックコットンの布ナプキン」に変えてみてください。

ゆうき
ゆうき
子宮がじんわり温まって使い捨てナプキンによる不快感(むれ・かゆみ等)から解放されますよ。

nunonaの布ナプキンは色や種類がめちゃくちゃ豊富。ポーチや洗濯用洗剤が付いている3日間おためしセット(返金保証付き)もあります。

オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

子宮にやさしいオーガニックシャンプー

ラブロシャンプー&コンディショナーシャンプーなどに含まれている界面活性剤などの化学物質は、カラダに取り込まれると、「環境ホルモン」という物質になって体内に残留してしまいます。

恐ろしいことに「環境ホルモン」は体内で女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをするという点。

子宮筋腫は「エストロゲン」が過剰に分泌することで発生するので、「環境ホルモン」もできるだけ避けましょう

頭皮は経皮吸収されやすく子宮は毒素をためやすい場所なので、毎日使うシャンプーとトリートメントは 100%オーガニックで無添加のものを使うこと が安心ですね。

Raburoは使い心地がよくて頭皮や髪が元気になるオーガニックシャンプー&コンディショナーです。無添加なのに泡立ちがよくてキシキシしません。白髪染めしている髪も潤います。

オーガニックシャンプー【Raburoシャンプー&コンディショナー】

おわりに:筋腫を小さくするために必要なこと

自分を大切にすること子宮筋腫を小さくするために、わたしがいつも食べている物や使っている日用品を紹介させていただきました。参考にしていただけたら幸いです。

添加物なんて何も気にせず好き勝手に食べたり、毎日カフェインや冷たい物を飲んだり、安いし便利だからという理由で適当に選んだ日用品を使っていた頃は、子宮筋腫もじわじわ育っていたし、自分を大切に扱ってあげてなかったと後悔してます。

筋腫が大きくなったおかげで、真剣に自分のカラダと向き合うようになりました。

これからはもっと自分を大切にして丁寧に扱ってあげたいって思います。

カラダにやさしい安全なものしか選ばなくなったら、みるみるうちにお肌の調子や体調が良くなってきて、筋腫の成長が止まりました。

そしてなによりも自分を大切にしてることが心地よくて、実は筋腫が大きくなってからのほうが幸せを感じる機会が多いです。

ゆうき
ゆうき
ちなみに「適度な運動をする」とか「質のよい睡眠をとる」ことも自分を大事にすることですよ。

自分を大切にすることを教えてくれるために、わたしの筋腫は大きくなったのかもしれません。

手術で筋腫を取り除いたり、ホルモン療法で筋腫が小さくなったとしても、自分を大事にできていなかったら、食生活や生活習慣は変わらず、治療が終わればまた筋腫ができてしまう可能性は高いです。

実際わたしも筋腫核出術(筋腫だけ取り除く手術)の後3年で再発してしまいました。

もし子宮を取り除いていたとしたら筋腫は再発しないけど、もっと別の深刻な病気になっていたのではと思います。

子宮筋腫を小さくするためには、自分を大切にすることがいちばん大事 なのです。

ご縁あってこのブログを読んでくださっている方に、私がいちばん伝えたいことは「ご自愛すること」。これからはどうかたくさん自分を労わってあげてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です