子宮筋腫を治すには

子宮筋腫の人には食物繊維多めなローフードの食事が良い理由

子宮筋腫には食物繊維多く取れるローフードがおすすめ

子宮筋腫を改善するために避けたほうがいい食べ物とは?」で書きましたが、子宮筋腫を予防したり小さくしたい人は避けた方がいい食べ物がたくさんあります。

肉・卵・乳製品・砂糖・カフェイン・トランス脂肪酸・添加物…などなど

「それなら子宮筋腫の人は何を食べたらいいんだろう」って思いませんか?

2017年にUAE(子宮動脈塞栓術)を受けて、巨大子宮筋腫が3割ほど小さくなった私も、再び筋腫を大きくさせないために食事は気を使っています。

でも、だからと言って先ほどの「筋腫の人が食べない方がいいもの」を完璧に避けているわけではありません。

基本的には玄米中心のマクロビな食生活をしていますが、週1~2回外食するときは「好きなもの」を選ぶようにしています。

ストレスにならない程度に避けられるものは避けて、外食では食べたいものを食べているので、お肉やチーズなどの乳製品も食べることもあります(もちろん少量ですが)。

その代わり1つだけすごく気を付けていることがあって、それは…食物繊維を多めに摂ること

ゆうき
ゆうき
最近は加熱していない生の野菜・果物・海藻類をたくさん食べるようにしてます。いわゆるローフードってやつです。

マクロビ+食物繊維多めなローフードの食事するようになってから、長年の便秘が改善されたし、筋腫も大きくなってません。

しかも生理周期がずっと25日だったのに、最近は28日~30日になってきました。

ちなみに生理周期が短いと、それだけ生理回数を増やしてしまうということなので、筋腫が発生しやすくなります。

それと…野菜多めな生活をしていると、経血の臭いがまったくしなくなります。

もし、経血の色が黒っぽく、糸を引くように粘っこくて、塊があったり、臭いがする場合は、体内に未消化のタンパク質があるという証拠ですよ。

卵やチーズ、加熱しすぎた肉は、経血の中で最も不快な悪臭を引き起こします。

(「女性のためのナチュラル・ハイジーン」P65より引用)

ということで今回は、子宮筋腫を小さくしたい人の食生活:食物繊維を摂ったほうがいい理由と、私が実践している対策についてまとめてみました。

食生活で子宮筋腫を小さくしたい方は、ぜひ参考になさってくださいね。

 

食物繊維はエストロゲンレベルを低下させる

食物繊維はエストロゲンレベルを低くする

牛乳は子宮筋腫などの婦人科系トラブルを悪化させる」でご紹介した「女性のためのナチュラル・ハイジーン」という本は、子宮筋腫を改善するための食事療法が詳しく書かれていて何度も繰り返して読んでます。

食物繊維多めの食事に変えたのもこの本の影響で、「プラントベース(植物性食品中心)の食事は女性ホルモンのエストロゲン値を低下させる」と書かれています。

子宮筋腫はエストロゲンという女性ホルモンが過剰になることで発生し、大きくなると考えられていますよね。

つまり、肉・卵・乳製品・カフェインなどの欧米的な食生活は、エストロゲン過多になってしまうけど、植物性食品はエストロゲンを低下してくれるということ。

ベジタリアンの女性や、動物性食品をほとんど摂らない中国の農村部に住む女性たちは、エストロゲンレベルが低く、

エストロゲン過多により発生すると考えられている子宮筋腫や乳がんの発症率も低いそうです。

こちらの本で推奨されているプラントベース(植物性食品中心)の食事というのは、ローフードのことで、Raw(生で)食べることができる野菜・果物・豆類・海藻類・納豆や味噌などの発酵食品・生ナッツなど

生で食べることで、植物の酵素や栄養素を効率よく体内に吸収できて、消化にも負担がかかりません。

欧米的な食事(高脂肪・高動物性タンパク)や加工食品は、消化にエネルギーをたくさん使ってしまうため、365日そのような食事をしていたらカラダは消化しきれなくなってしまいます。

やがて有害な代謝副産物の排泄が遅れて体内環境を汚染し、コレステロール値や中性脂肪値・血圧・血糖値を上昇させ、病気になりやすい環境を作ってしまうのと同時に、エストロゲンレベルをも上昇させてしまうのです。

(「女性のためのナチュラル・ハイジーン」P31より引用)

さらにこの本では「食事のおよそ80%をローフードにすること」を推奨していますが、正直なところそれはちょっと難しいかなと思います。

ゆうき
ゆうき
わたしの場合、40~50%くらいはローフードにするようにしてます。

あと気を付けているのは、外食でたまに肉や魚を食べるとき、酵素を持っている生野菜(サラダ)から食べることです(ベジタブルファースト)。

これは生野菜が持っている消化酵素が、肉や魚の消化吸収をゆっくりにしてくれる作用があるからなんですが、血糖値が急激に上昇するのも防いでくれるので、ダイエットにも効果的なんですよ。

ベジタブルファーストは取り入れやすいと思うので、ぜひ実践してみてくださいね。

子宮筋腫の大敵「便秘」は食物繊維で解消する

子宮筋腫に便秘は大敵

さらに子宮筋腫の人は便秘にも気を付けなければなりません!

一度の食事の中で、動物性とデンプン(穀類・イモ類など)を一緒に食べるといった、誤った組み合わせの食事や食べすぎ、あるいは便秘などは、腸内にガスを発生させ、腸を膨張させることになる。

そのため、子宮が圧迫され、子宮の血液の流れが妨げられ、一部分だけに過剰な栄養が与えられることになり、やはり肥大の原因となる。

(「女性のためのナチュラル・ハイジーン」P97より引用)

つまり…腸と子宮は非常に近い場所にあるから、便秘で腸がパンパンに張っていると、子宮を圧迫して、子宮の血流が妨げられてしまうんですね。

すると、子宮の血流が妨げられていない一部分だけ栄養が与えられて、どんどん肥大していき子宮筋腫が形成されるということに。

ということで、子宮筋腫の人は便秘は絶対に避けたいし、子宮の血流を良くすることが重要なのです。

そのためには食物繊維多めなローフードがおすすめですが、野菜って重いしかさばるから、買うが億劫だったりして、食べる量が少なくなってしまいがちですよね。

筋腫持ちで便秘になりやすい人は、「ローフード&食物繊維多め」をとにかく意識して、積極的にローフード(生野菜・豆類・海藻類・果物・発酵食品)を食べるようにしてみてください。

 

ローフード(生野菜)はカラダを冷やすのでは?

生野菜と温野菜をミックスしたサラダ

マクロビの考えでは、ローフード(生野菜)は 陰性に分類する食べ物 でカラダを冷やすとされています。「冷え」もまた子宮筋腫の大敵ですよね。

それなら食物繊維を摂るにはどうしたらいいんだ!って思ってしまうのですが、わたしの場合、生野菜と温野菜をミックスしたサラダを毎日食べるようにしています

例えば、葉野菜・ラディッシュ・パプリカ・マッシュルーム・アボカドは生で、ニンジンやブロッコリーは温野菜にしてます(ニンジンは生でも食べます)。

温野菜を作るときは、茹でるのではなくこんな↓感じでセイロで蒸してます。基本、電子レンジは使いません。

蒸かしニンジン

特にニンジンやブロッコリーなどの緑黄色野菜は、茹でると水の中に栄養が流れ出てしまうので、蒸していただくのが一番効率的です。

ゆうき
ゆうき
実は蒸すのは茹でるより簡単で美味しいんですよ!

それとフルーツは朝だけ食べるようにしています。ですが…気を付けたいのは、日本で採れる旬のものをいただくということ。

バナナやマンゴーは南国のフルーツなので、極端にカラダを冷やしてしまいます。秋なら梨や柿、冬ならリンゴやミカンなど、日本で採れる季節の旬の果物を食べるようにしましょう。

それから、市販のドレッシングはたいてい砂糖が含まれているし、どんな植物油を使っているのかも怪しいし、アミノ酸などの添加物だらけなので自分で作ってます。

オリーブオイル+レモン汁(または酢・ワインビネガー・バルサミコ酢)+しょう油を1:1:1で合わせるだけでも、ドレッシングになるし、すりおろし玉ねぎ加えても美味しくなります。

それも面倒なときは、野菜に塩とオリーブオイルだけかけて食べてます。

食物繊維を効率よく吸収するチュードサラダ

サンシャインジュースのチュードサラダ

最近わたしが注目しているのは、コールドプレスジュースで有名な「サンシャインジュース」というお店のチュードサラダ。

ゆうき
ゆうき
野菜の栄養を最も効率的に吸収できる新感覚なサラダです。

CHEWED(チュード)というのは「噛む」という意味で、このチュードサラダは大根おろしみたいにドロドロになるまですり潰してあるんです。

人間は20回程度しか咀嚼(そしゃく)できないから、野菜の細胞壁を壊しきれず、生の野菜が持っている栄養の20%しか吸収できないそうです。

ですが…チュードサラダはすでに100回噛み砕いた状態にすり潰してあるので、効率よくカラダに吸収されるというわけなんです。

写真の赤いチュードサラダは「ビーツ&キャロット」というもので、ビーツ・ニンジン・セロリ・りんご・生ナッツ・カボチャの種・スーパーフードが入っていて、

もう1種類のほうは「グリーンヘブン」というので、そちらは「ビーツとニンジン」の代わりに「ケール」が入ってます。

お値段はレギュラーサイズが880円、ハーフサイズが680円です。写真はレギュラーサイズ。

レギュラーサイズで500gの野菜の栄養を摂取できるので、毎日このチュードサラダを食べるのが理想的かもしれません。

正直なところ…味はすごく美味しいとまで思わなかったけど、一瞬でカラダがみずみずしくなった(気がした)から、カラダが欲していたのかなって思いました。

で、驚いたのは翌日。もうね、お通じがハンパなかった!

便秘ではなかったのに、これでもかっーーー!って程、どっさり出ました。ほんと、食物繊維は意識してたくさん摂らなきゃと実感した次第です。

ということで、サンシャインジュースのチュードサラダ はめちゃめちゃオススメ。

わたしも月1~2回は食べに行こうと思います。近くにあったら週1で食べたい。お近くの方はぜひ一度行かれてみてくださいね。

 

子宮筋腫の人は食物繊維多めなローフードがおすすめ

子宮筋腫の人の食生活はローフードがおすすめ

ということで、子宮筋腫の人の食生活で大事なこと「食物繊維を多めに摂ること」について紹介させていただきました。

子宮筋腫を小さくしたい人や予防したい人に、食物繊維多めなローフードの食生活をオススメする理由は…

  • エストロゲン値を低下させるため
  • 便秘を解消して(腸の圧迫を防いで)子宮の血流を良くするため

ポイントは生野菜ばかりのローフードだけだとカラダが冷えてしまうので、温野菜とミックスして頂くことと、フルーツは国産で季節の旬のものを頂くこと。

温野菜を作るために蒸し器(セイロ)は小さめのものを1つ持っていると便利ですよ。家族が多い人は大きめでもいいかもしれません。

冷凍した玄米ごはんも蒸し器を使うとホカホカになるし、空いたスペースに野菜を加えて一緒に蒸すこともできます。

我が家の場合、蒸し器を使うようになってからオーブン機能付きの電子レンジはすっかり出番がなくなってしまいました。

乳製品も食べないから、こってりチーズのグラタンとかピザとか洋食も作らないし、クッキーやパンも焼かないので、オーブンレンジは捨てちゃおうかなと思ってます。それくらいセイロだけで事足りてます。

そんなわけで野菜を食べることが多いので、農薬や化学肥料を使わないで育てたオーガニック野菜を「ビオ・マルシェ」というところで購入しています。オーガニックの野菜は、野菜の本来の味が濃厚で美味しいし、生で食べるので安心です。

信頼できるオーガニック野菜は近所のスーパーではなかなか手に入らないし、なんといってもビオ・マルシェは宅配してくれるので助かってます。

ゆうき
ゆうき
野菜や果物はたくさん食べたいけど、重たいから宅配してくれるのって思いのほか便利でした。

国産のオーガニック野菜8~9品目入った(2592円相当)お試しセットが、1500円で購入できるので、ご興味ある方はぜひお試しくださいね。

有機野菜の宅配【ビオ・マルシェ】の詳細はこちら

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です