子宮筋腫を治すには

子宮筋腫で妊婦のようなぽっこりお腹を小さくしたい!どうしたらいいの?

子宮筋腫でぽっこりお腹を小さくしたい

子宮筋腫が大きくなってくると、妊婦さんのように下っ腹が出てきて【ぽっこりお腹】になります。

わたしも子宮筋腫が巨大化して「妊娠6ヶ月級のぽっこりお腹」になってしまいました。その経緯などは「子宮筋腫が急に大きくなるのはストレスが原因:1年で筋腫が巨大化した話」で書いているので、よかったら読んでみてくださいね。

妊娠6ヶ月級のぽっこりお腹というのは「パンツやスカートのウエストだけきつい!」と感じるレベルです。

お腹を隠せるワンピースとかチュニックみたいな服ばかり着ていたら、「もしかして妊娠した?」と知り合いに聞かれて、ショックで落ち込みました。

  • お腹に赤ちゃんがいるわけじゃないのに妊婦に間違われるのはヤダ
  • ダイエットしてもお腹だけはポッコリのままで悲しい
  • どんどんお腹が大きくなるかもしれないのが心配
  • 閉経するまでずっとこんな思いをしなきゃいけないのが辛い

ということで「なんとか子宮筋腫を小さくしたい」と思ったのですが、ある程度育ってしまった子宮筋腫を自力で小さくするのは至難の業です。

このブログでも紹介しているように「食事・冷え・生活習慣・ストレス」などを改善したら、子宮筋腫はすこし小さくなったけれど2年かかりました。

子宮筋腫を大きくさせない方法をいろいろと紹介していますが、今回は「すぐに子宮筋腫を小さくしたい!」という方のために子宮筋腫の治療法についてまとめてみました。よかったら参考になさってください。

 

いちばん手っ取り早いのは「子宮全摘」

子宮筋腫の治療法「子宮全摘」子宮筋腫の治療法で根治といわれているのは子宮全摘だけです。子宮ごと取ってしまうので、もう二度と子宮筋腫ができる心配はありません。

ゆうき
ゆうき
当然ですが妊娠することもできなくなります。

ちなみに子宮が無くても卵巣が残っていれば、卵巣機能が低下することもないそうです。なので急に更年期症状が現れるわけではないということ。

何人か子宮を取った方に話を聞きましたが、皆さん口を揃えて「快適だよ~」と言っておられました。

子宮筋腫だけでなく生理痛・腰痛・貧血などの不調からも解放されて、さらに今後「子宮がん」などの病気になる心配もないから、子宮を取ってよかったそうです。

その「快適だよ」な気持ちも分からなくないけど、わたしは子宮を取ってしまうことに抵抗があります。

とくに40才を過ぎて大きな子宮筋腫があると「全摘しちゃえば?」と軽く言ってくるお医者さんが多いです。今まで3人の先生に言われました。

「だってもう産まないでしょ?」って。確かにもう産まないけど、そういう問題じゃないんだよね。

「もう使わないし煩わしいから子宮取ってしまいましょ」という考え方になんだか違和感あって、そんなんで取られてしまう子宮が可哀想って思ってしまいました。

そう感じるのは、わたしに貧血や月経過多などのつらい症状がないからだと思いますが。。

ということで、もし「子宮を取ること」に抵抗がないのなら、子宮全摘がいちばん手っ取り早くぽっこりお腹をなくす方法です。

 

子宮は残して筋腫だけを取り除く「筋腫核出術」

子宮筋腫の治療法筋腫核出術 は、子宮は残して子宮筋腫だけを取り除く手術です。開腹手術か腹腔鏡手術のどちらかで行われます。

子宮を残せるため妊娠を希望している方はこの方法にする場合がほとんどかと思います。わたしも33才のときに筋腫核出術を受けました。

全身麻酔して開腹手術をするので、それなりにカラダには負担が掛かります。入院も10~14日間で、仕事は3週間お休みしました。

ゆうき
ゆうき
それなのに術後3年で再発してしまいました。

筋腫をすべて取り除いても、筋腫ができる体質まで変わるわけではないので再発してしまうケースが多いそうです。

妊娠を望む場合は、筋腫核出術をしてからすぐ(1~2年以内)に妊娠したほうがいいと言われています。

筋腫核出術の手術方法

筋腫核出術・手術の方法

わたしの場合、当時それほど巨大筋腫ではなかったのですが、大小合わせて19個もあったため、お腹を「横に切開」して手術をしました。

手術の前日に「あとすこし筋腫が大きかったら、縦に切るところだったよ」と担当医に言われました。縦のほうが痛いらしく、傷あとも目立ちます。

筋腫核出術の中ではいちばん痛みが少なく傷あとも目立たないのが「腹腔鏡下手術」です。

開腹手術に比べたら技術的に難しい手術になりますが、カラダへの負担も軽く入院期間も少なくてすむので、腹腔鏡が適応であればラッキーかもしれません。

お腹を切らない治療法:FUS(集束超音波治療)

FUS(集束超音波治療)は、MRIで子宮を撮影しながら、超音波のエネルギーを集中させて患部を焼灼する治療法です。焼灼することによって筋腫の細胞が壊死するため、次第に小さくなっていきます。

FUSのメリット

  • 子宮を温存できる(お腹を切らなくていい)
  • 日帰り治療が可能
  • 他の治療に比べて副作用が少ない
  • 痛みも少ない(麻酔も必要なし)
  • 術後、妊娠・出産も可能
ゆうき
ゆうき
FUSって最高じゃん!これにしたい!

と、都内でFUSを実施している「板橋中央総合病院」に行きましたが…残念ながらわたしはFUSの適応ではありませんでした。

こんな人はFUSが受けられない
子宮筋腫が4個以上ある
粘膜下筋腫
背中側(後ろ)に子宮筋腫がある
子宮筋腫が10センチ以上

つまりFUSが受けられるのは、子宮筋腫が10センチ以下で4個以下。それが全てお腹側(前側)にあって漿膜下筋腫か筋層内筋腫でないと適応にならないってことですよね。

ゆうき
ゆうき
なかなかハードル高い。。

さらに…FUSは実施されている病院も少ないし、保険適用ではないため治療費が40~50万と高額です。

詳しくは「板橋中央総合病院・FUSのページ」をご覧になってくださいね。

お腹を切らない治療法:UAE(子宮動脈塞栓術)

UAE(子宮動脈塞栓術)は、太ももの付け根からカテーテルを入れて、子宮の主要な動脈を塞栓(そくせん)物質で塞いでしまう治療法です。

子宮動脈を塞ぐことによって、子宮筋腫に栄養が行かなくなり壊死するため、徐々に小さくなっていきます。

お腹を切らなくてもいいし、入院も数日で済みますが、それなりに痛みは伴います。

わたしは44才でこのUAE治療を受けました。UAEを受けた感想・治療費・手術当日の様子などは、こちら↓の記事で書いているのでよかったら読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
子宮筋腫のuae体験ブログ
子宮筋腫の【UAE】体験記ブログ:子宮動脈塞栓術を受けてきました先日、子宮動脈塞栓術(UAE)を受けてきました。UAEとは子宮筋腫に栄養を与えている子宮動脈の血流を塞いで子宮筋腫を小さくする治療法です...

ちなみに…わたしがUAEを受けた東京の「板橋中央総合病院」では、妊娠を希望する人はUAEを受けることができません

というのも、UAE後に出産された方に出産時の異常(胎盤位置異常・出産時出血・癒着胎盤)が多いと報告されたからなのですが、実際はUAEを受けられても普通に出産される方もいらっしゃいます。

ゆうき
ゆうき
妊娠を希望される場合は、UAE後に妊娠オッケーな病院を探されるのが良いですね。

ちなみに都内では「調布Kenjinkaiクリニック」が、UAE後の妊娠を考慮してくださるそうです。

偽閉経療法:生理を止める薬を使う

子宮筋腫の偽閉経療法閉経後はほとんどの子宮筋腫は小さくなることから、薬で生理を止めるという方法もあります。ただし更年期症状などの副作用が現れる場合があります。

わたしは「リュープリン注射」を半年間受けて生理を止めましたが、副作用がつらかっただけで1ミリも子宮筋腫は小さくならなかったので、「なんだったんだろう」って思ってしまいました。

その時のことはこちら↓の記事で書いているので、よかったら読んでみてください。

あわせて読みたい
子宮筋腫は睡眠不足でも悪化する
子宮筋腫のリュープリン治療で副作用(ホットフラッシュ)がつらかった話「切らずに子宮筋腫を小さくしたいけど、そんな薬ってあるの?」と、筋腫持ちの人なら一度は考えるのではないでしょうか。 子宮筋腫にも薬物療...

 

まとめ:妊婦のようなお腹を小さくする方法

子宮筋腫で妊婦のようなお腹を小さくする方法

低用量ピル・リュープリン・ディナゲストなどの偽閉経療法は、手術に比べて子宮筋腫が小さくなるのに時間がかかるし(小さくならないこともあるし)副作用も心配です。

その点、筋腫核出術は副作用はなく確実に子宮筋腫はなくなります。ただし再発する可能性があるので、妊娠を望まないのであれば、絶対に再発しない子宮全摘もありかもしれません。

FUSは実施されている病院がまだ少なく、保険適用ではないため治療費も高額です。

ですが…お腹を切ることもなく、入院も1泊か日帰りでOKだし、妊娠を希望される場合もこの治療を受けることができます。

ゆうき
ゆうき
FUSが適応であれば、これがいちばん理想的だなぁ。

と思ったのですが…わたしはFUSが適応でなかったので筋腫核出術を受けて、再発してからUAEを受けました。

UAE術後半年以上が経過した今、子宮全体の大きさが約3割小さくなりました

正直5~6割くらい小さくなると思っていたけど、今のところそこまでは小さくなってません。ですが…ひとまず妊娠6ヶ月級の「ぽっこりお腹」ではなくなったからホッとしています。

子宮全摘以外は、どの治療も「これで安心」ではないので、再発しないためにも 食事・冷え・ホルモンバランス・ストレス は気を付けたいところです。

その方法はこのブログでもいろいろ紹介しているので、ぜひ参考になさってくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です