巨大子宮筋腫でも小さくなるの?

筋腫の巨大化から縮小までのワタシの記録

子宮筋腫を悪化させないために「布ナプキン」に変えようという話

nunonapu

(2018年5月11日更新)「子宮筋腫を悪化させたくない」「子宮筋腫を小さくしたい」という方は、それまでの食事や生活習慣を改善することが大事ということを紹介してきました。

 

 子宮筋腫を改善するために避けたほうがいい食べ物とは?


 子宮筋腫の人が食事以外で気を付けることとは?

 

そしてもうひとつ「生理中の過ごし方」も、食事や生活習慣と同じくらい重要なんです。

 

生理中はカラダに溜め込まれていた老廃物が経血と共に排泄されていきます。つまり生理は女性にとって大切な【デトックス期間】です。

 

子宮筋腫は、冷えにより血行が悪くなり、デトックス力が低下することで、子宮内に老廃物がたまることが原因と考えられています。

 

なので子宮筋腫を悪化させないためには、特に生理期間中は子宮を冷やさないことが大切です。経血と共に老廃物を排泄できる子宮にしておかなければなりません。

 

ですが…使い捨てナプキンを使っていると、子宮を冷やしてしまいます。すると血行が悪くなり、老廃物がきちんと排泄されず筋腫が悪化してしまいます。

 

では、どうしたらいいのでしょうか。

 

それは 使い捨てナプキンをやめて布ナプキンを使うこと なんです。

 

布ナプキンにすることで、生理中の子宮の冷えは解消されます。子宮筋腫を悪化させないためにも、ぜひ布ナプキンを使ってみてください。

 

今回は「使い捨てナプキンってどんな危険があるの?」「なぜ布ナプキンが良いの?」「布ナプキンって洗うのが面倒じゃないの?」等について詳しくまとめてみました。参考にしていただけたら幸いです。

 

 

布ナプキンを使うようになったきっかけ

今から2~3時間ほど大事な会議で抜けられないというときに、生理になってしまったことがありました。

 

予定より数日早く来てしまったので、ナプキン持ってないし、買いに行く時間もない、どうしよう…とトイレで困り果てていました。

 

仕方ないから持っていたオーガニックコットンのタオルハンカチを3つに折って、ショーツにあててみることに。

 

最初は「漏れてきたらどうしよう」と心配だったのですが、しばらくすると「なんかいいかも〜」と、思いのほか快適なんです。「着け心地いいし、お腹がじんわり温かい」

 

その感触があまりにも快適だったので、それからはナプキンではなくタオルハンカチを布ナプキンとして使っていました。

 

しかし…タオルだと歩いているうちに後ろのほう(お尻のほう)にズレていってしまうんです。トイレで用を足すときに便器に落としてしまうこともあって、やっぱりタオルだと何かと不便でした。

 

というわけで、セラピストの友人がオススメしていた nunonaの布ナプキン を使ってみることにしたのです。

 

子宮筋腫が悪化する生理用ナプキンの正体

chemical_nupkin

市販の生理用ナプキンは「石油が原料の高分子ポリマー」という合成化学物質でできています。高分子ポリマーは、水分(経血)を吸収して漏れないように凝固させるもので、「冷えピタ」や「熱さまシート」などにも使われている成分です。

 

経血を吸収した高分子ポリマーは、「熱さまシート」のようにゼリー状になって子宮を冷やしてしまいます

 

さらに恐ろしいのは、石油から作られた合成化学物質は分子量が小さいため、経皮吸収されやすいということ。

 

特に性器の経皮吸収率は他の部分と比べて高め(腕の内側を1倍としたら、手のひらが0.83倍、頭皮が3.5倍、なんと性器は42倍)なんです。だから大事なところには守るために「毛」が生えているんですね。

 

わたしも長いこと使い捨てナプキンを使ってきたので、子宮筋腫が悪化してしまったことと関係あるかもしれません。

 

布ナプキンにするメリット

sanitary_pad3

 不快感から解放される

布ナプキンはなんといっても お肌にやさしい のが一番のメリットではないでしょうか。使い捨てナプキンの「むれ」や「かゆみ」などの不快感から解放されます。

 

わたしは生理の終わりころにデリケートゾーン専用の痒み止めクリームを使っていましたが、布ナプキンにしてからは全く不要になりました。

 

それと…生理中の「匂い」も布ナプキンに変えたら気にならなくなりました。経血は本来「無臭」で、匂いの原因は雑菌によるものなんだそうです。

 

布ナプキンは使い捨てナプキンに比べて通気性がよいので、雑菌が繁殖しにくいということですね。

 

 生理痛が緩和する

布ナプキンに変えると、使い捨てナプキンによる 生理中の冷えが解消されるので生理痛が和らぐという方が多いようです。

 

また子宮内の血行がよくなり、子宮や卵巣の機能も回復して、妊娠しやすくなるという効果も期待されています。妊活されている方にもぜひ使っていただきたいなと思います。

 

わたしは巨大な子宮筋腫がありますが、布ナプキンを使うようになってから薬を飲むほどの生理痛はなくなり、しかも生理が4日間できっちり終わるようになりました。

 

 環境にやさしい

市販の生理用ナプキンは、肌に触れる部分が白く漂白されています。これは塩素系漂白剤を使用しているためなのですが、焼却する際にダイオキシンが発生してしまいます。

 

布ナプキンにするとダイオキシンが発生する心配もありません。

 

 お財布にもやさしい

今まで購入していた使い捨てナプキンを買い足さなくて済むので、お財布にやさしいです。買い忘れていて慌ててコンビニに走るなんてこともなくなりました。

 

ただし、最初に布ナプキンを揃えるのにコストが掛かります。軽い日用(おりもの用)・普通の日用・多い日(夜)用などを全部そろえると1万円くらい。

 

けれど一度そろえてしまえば数年はくり返し使えるものなので 長い目で見れば布ナプキンのほうが経済的です。

 

 膣トレにもなる

生理用ナプキンがなかった時代の女性、明治時代くらいまでの女性は、骨盤底筋に力を入れて(膣をキュッと締めて)経血を止めておくことが自然にできていたようです。

 

今の女性は便利な使い捨てナプキンに慣れてしまっているので、骨盤底筋に力を入れる必要がなく緩みっぱなしです。なので…経血も垂れ流し状態。

 

使い捨てナプキンを使い続けていると 将来的に【尿モレ】になる可能性も高くなってします。すると今度は「尿もれパット」を使わなければならないってことですよね…

 

骨盤底筋に力を入れるというのは、軽く尿を我慢しているときみたいに、キュッと肛門周辺を締めておく感じです。

 

布ナプキンにすると、この「締めておく」という膣トレが自然とできるようになるのです。というのは、なるべく布ナプキンを汚したくないという気持ちが働くから。それでも完璧に汚さないなんてことはできませんが。

 

経血を出すのは、尿を出すときと同じ要領です。トイレに座ったら、膣をゆるめて経血を出します。最近は経血が溜まってくると「あ、そろそろ出そうかな」とだいぶコントロールできるようになりました。

 

 だけど寝ているときが心配

気になるのは寝ているときですよね。本来は 睡眠中は経血があまり出なくなります。これは、夜は子宮もお休みモードになって活動しなくなるから。

 

けれど夜遅くまでテレビやスマホを見ていたり、カラダが冷えていたり、ストレスがあったりすると、副交感神経(リラックスモード)に切り替わらないので、寝ている間も経血が出続けてしまいます。つまり子宮が働いている → お休みしていないということ。 

 

生理中は温かくしてゆったり過ごすのが大切です。わたしが生理中に気をつけているのは、なるべくパソコンやスマホをしないで、早めにお布団に入ること。なんなら仕事も休んでしまいます。

 

 布ナプキンは洗うのが手間かも

最初のうちは使い捨てナプキンと比べて「布ナプキンは洗わなくちゃいけないのが面倒だなぁ」と思われるかもしれません。

 

ですが、お風呂に入るときについでに洗ってそのまま浸け置きして、あとは洗濯機にポイっと入れるだけなので、思ったほど手間ではないかなと思います。

 

布ナプキンの洗い方

(1)水かぬるま湯で軽く経血をすすぐ

(2)アルカリウォッシュを入れた洗面器に浸ける

(3)軽くもみ洗いする

(4)ネットに入れて洗濯機で洗う

(5)干す

これだけです。経血を軽く落としたら洗濯機が洗ってくれるので、意外と簡単です。

 

 ポイントは、

  • 40度以上のお湯だと経血が固まってしまうので、水かぬるま湯を使うこと
  • 布を擦り合わせてゴシゴシ洗わないこと(布が傷むので)
  • アルカリウォッシュの他に重曹でもきれいに落ちます

 

 布ナプキンを何枚かまとめて洗面器に浸けていると、水が真っ赤になってくるので白い洗面器じゃないほうが良いかもしれません。その真っ赤な洗面器を家族に(特に夫)見られると、ぎょっとされるのでご注意くださいね。

 

オーガニックコットンの布ナプキンがおすすめ

オーガニックコットンの布ナプキンは、生産時に化学農薬や化学肥料を使用していないので、安心して身に着けることができます。私が使っているのは nunonaの布ナプキン

nunona_1

 こちらの【人気NO.1】nunona セレクト です。

 

  セット内容(オーガニックコットン使用)
  • おりものライナー(3層極薄スリム)2枚
  • おりものライナー(4層スリム)2枚
  • ふつうの日の昼用(25 cm)4枚
  • ふつうの日の夜用(33 cm)1枚
  • 特に多い日の夜用(36 cm)1枚
  • アルカリウォッシュ(500 g)1個
  • 携帯防臭チャック袋(ピンク)1枚

   他にも限定カラーやふわふわ起毛タイプ(秋冬用)の布ナプキンがあります

 

「いろんなサイズの布ナプキンを試してみたい」という方のための10枚セット。おりものライナー、布ナプキン専用の洗剤(アルカリウォッシュ)、携帯用のポーチまでセットに入っているので、すぐに布ナプキンを使い始めることができます。

 

nunoa_select2

 こちらは「はじめからたくさん買うのは不安」「とりあえず3日間くらい試してみたい」という方のために nunonaのお試し3日間セット 。なんと 返金保証付き なので、使用してみて肌に合わなければ全額返金してもらえます。

 

  セット内容(オーガニックコットン使用)
  • おりものライナー(3層極薄スリム)1枚
  • おりものライナー(4層スリム)1枚
  • ふつうの日の昼用(25 cm)2枚
  • ふつうの日の夜用(33 cm)1枚
  • アルカリウォッシュ(500 g)1個
  • 携帯防臭チャック袋(ピンク)1枚

 

おりものライナー・ふつう用と夜用の布ナプキン5枚セット。専用の洗剤(アルカリウォッシュ)や携帯用ポーチも付いています。

 

「布ナプキンを本格的に使う前に試してみたい」「布ナプキンを洗うのって大変そう」「布ナプキンって本当にムレないの?」と思われている方にぴったりなお試しセットです。お値段も10枚セットの半分くらいです。

 

布ナプキンを使ってみたいという方は、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。
 オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

 

nunona の布ナプキンはここが他と違う

nunona_3dいろんなメーカーの布ナプキンがありますが、nunonaの布ナプキンは他と違うのは 種類が豊富 なこと。

 

たとえば裏面の素材が「コーデュロイ」や「ふわふわ起毛布」で作られた布ナプキンがあるのですが(肌に触れる表面はオーガニックコットン)、じんわり温かくて寒い時期にぴったりなんです。

 

わたしのお気に入りは「nunonaの【3D】布ナプキン 」です。吸収面の布が2枚に分かれている立体構造になっているので、内側からも外側からも洗えるのがすごーく便利。通気性もいいいので乾きやすいです。

 

立体構造だけにカラダにフィットするので、隙間ができにくくて横モレも防げます。こんなに使う人のことを考えて作られている布ナプキンは、他のメーカーでは見当たりません。

 

さらに カラーバリエーションも豊富 なところも嬉しい。ドット柄やタータンチェック柄もあります。誰に見せるわけじゃないけど、かわいい布ナプだと気分が上がりますよね。洗うときも丁寧な洗い方になるし。

 

わたしの場合、布ナプキンもお気に入りのブラやショーツと同じような扱いになっていて、大切に使っているので2年くらい長持ちしてます。

 

nunonaの布ナプキンは色々ありすぎて、逆にどれにしたらいいか迷ってしまう~!という方は「あなたにオススメの布ナプキンが30秒でわかる【布ナプ診断】」で診断してみてください。さくっと選んでもらえますよ。

 

肌に合わなければ返金してもらえる

nunona_hosyou

【nunonaのおためし3日間はじめてセット】(布ナプキン5枚・アルカリウォッシュ・携帯用ポーチ)は、安心保証付きなので、使ってみて肌に合わなければ全額返金してもらえます。

 

わたしは返品しなかったので気付かなかったのですが、公式サイトには「商品発送から30日以内はお試しが可能。もし肌に合わなかったら、商品返送後、全額返金させていただきます」と書いてありました。しかも「送料」は nunonaが負担してくれるそうです。

 

「まさか使用済みの布ナプキンも返品するの?」と思ったら、使用したものは返品する必要はなくて(← 自分で破棄する)、「使用していない布ナプキン」と「携帯用ポーチ」と「アルカリウォッシュ(こちらは使用していても)」を着払いで返品すればいいそうです。

 

ただし、すべての商品がこの返金保証付きではなくて【安心保証サービス対象】マークが入っているもののみ対象なのでご注意ください。

 

nunonaのお試し3日間セット はすべて保証対象なので「布ナプキンを少しだけ試してみたい」という方は安心してお試しいただけます。

 

nunonaのクチコミ&評判は?

nunona3

他の方の感想も気になったので、公式サイトに載っている「nunona の布ナプキンを使っている方のクチコミ」をチェックしてみました。

 

 布ナプを使うようになってから下半身とお腹の冷えも改善されてぽかぽかです。

 

 布ナプキンは毎回洗う手間をめんどくさいと思わずに使えています。夜に浸け置きして、朝洗顔の前に洗って干す感じです。おりもの用も使っているので、毎日洗うのが習慣になっています。

 

 ここ数年、生理のたびに蒸れてかぶれての繰り返しで憂うつでした。家にいるときだけ布ナプキンに変えてみたけど、それだけでも効果がありました。生理の終わりかけなのにナプキンをつけなきゃいけないのが、蒸れかぶれの原因だとわかりました。

 

 10年くらい前も布ナプを使ってたけど、表面と裏面が同じ生地で作られたやつだったから、あたたかさはあまり感じなかった(ふわふわの生地ではなかった)。nunonaさんの布ナプは、肌のあたる面がふわふわのコットンで優しい肌触り。洗うのが大変だけど、これからも使い続けます。

 

 確かに洗うのが面倒なときもあるけど、そんなときは使い捨てを使ったりしています。けど使い捨てが心地悪すぎて、やっぱ布だなってなります 笑。色もかわいいので少しずつ買い足してます。

 

 しっかりとした作りなのに、見た目がかわいくて気に入ってます。洗濯は、お風呂のときに残り湯で予洗いして、浸け置きしてから洗濯機で洗っています。

 

★やはり…布ナプキンの洗濯の手間のことを書いていらっしゃる方が多かったです。今までのように「使い捨て」ではないので、布ナプにしたら洗わなきゃならないっていうのは確かに面倒に感じますよね。わたしも「洗うの大変そう」って思ってました。

 

けれど、最後のクチコミの方のように「お風呂のときに残り湯で予洗いし、浸け置きしてから洗濯機で洗う」という方法にしたら、まったく面倒に感じなくなりました。セットに入っている洗剤(アルカリウォッシュ)もよく落ちます。

 

nunonaの布ナプキンを試してみたい方は、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。
 オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

 

いきなり布ナプキンはハードル高いよという方に

「経血の量が多いし、いきなり布ナプにするのは不安」という方は、量が少ない日だけや、外出しないときだけ「布ナプキン」に変えてみるのが良いかと思います。

 

「使い捨てナプキン」と「布ナプキン」を併用しながら、徐々に「布ナプキン」だけにシフトしていく方もいらっしゃるようです。どうしても「モレが心配」という方は「布ナプキン」の下に「使い捨てナプキン」を敷いておくという使い方もおすすめですよ。

 

肌に触れる部分を「布ナプキン」にすれば、生理中の【冷え】は解消されるので、子宮筋腫を悪化させないためにも「布ナプキン」を使ってみてくださいね。

 

こちらが「冷えピタ」に含まれている高分子ポリマー不使用で、トップシートに天然コットンを使用しているの使い捨てナプキンです (夜用もあります)。

 

 

さいごに:自分を大切にすること

woman_happy

わたしは布ナプキンを使うようになってから、前より生理が来るのがイヤではなくなりました。生理中は筋腫を小さくできるチャンス なので、むしろ楽しみだったりします。

 

そして、使い捨てナプキンを使っていたときは「生理=汚物(汚いもの)」のイメージが強かったけれど、布ナプキンにしたら「生理=神聖なもの」に変わってきました。

 

子宮筋腫を改善するのに冷えは大敵!効果があった冷え対策(温活)とは」にも書きましたが、子宮筋腫を小さくするために食事や生活を改めたり、温活したり、子宮に良さそうなことを色々とやっています。

 

で、いつも思うのは「もっと自分を大切にしてあげよう」ってことです。布ナプキンを使うようになったら、自分を大切にしてる感がどんどん増してきました。

 

「自分のカラダの大切な部分に上質な布をあてる」これだけのことなのですが、自分を丁寧に扱ってあげることが心地よくて幸せを感じます

 

子宮筋腫を改善するためには、自分を大切にすることが実は一番大切なことなのかなって思います。

 

生理は子宮筋腫を小さくするチャンスです

 子宮筋腫を自然に治すには【生理のデトックス】を活用して子宮を整えること