巨大子宮筋腫でも小さくなるの?

筋腫の巨大化から縮小までのワタシの記録

子宮筋腫で血流を改善する食べ物「シナモン」の効果:おすすめレシピ

cinnamon_topimage

カプチーノ・アップルパイ・シナモンロールなど、洋菓子の香り付けに使われている「シナモン」。香り高くて「スパイスの王様」と呼ばれていますが、桂皮(けいひ)といって漢方にも使われている「冷えがつらい方のお助けスパイス」でもあるんですよ。

 

毛細血管を拡張させて、血液の流れを良くするはたらきがあるので、特に冷え性や瘀血(おけつ)体質を治したい方に効果的です。

 

子宮筋腫の原因とされている瘀血(おけつ)体質:ドロドロ血を治すには

 

わたしは小瓶に入れたシナモンパウダーをいつも持ち歩いていて、冷えを感じたときに温かいドリンクに振りかけて飲んでいます。ぽかぽか温まるので、寒い時期にはかかせません。

 

ということで…今回は子宮筋腫の方におすすめな「シナモンの効果・効能」や「選び方のポイント」をまとめてみました。

 

わたしがよく作っている簡単で美味しい「シナモンレシピ」も紹介しています。子宮筋腫で冷え性や瘀血(おけつ)体質を改善したい方はぜひ参考になさってくださいね。

 

 

シナモンの効果・効能

f:id:yuukimay:20180303150112j:plain

シナモンの注目されている効果は「毛細血管を修復し丈夫にするはたらき」です。加齢により毛細血管が減ると、血液・酸素・栄養が全身に行き渡らなくなり、冷え性やお肌のシミやたるみの原因になってしまいます。

 

とくに毛細血管が集まっている「目の周り」と「頭皮」に影響がでやすくなり、顔のシワやたるみ、目の下のクマ、抜け毛なども目立ってきてしまうんです。こわい!

 

冷えや見た目の老化が進むだけでなく、毛細血管が減ると脳や内臓もダメージを受けて、さまざまな病気になる可能性が高くなります。

 

シナモンには毛細血管の減少を防ぎ、毛細血管を強くするはたらきがあり、摂取してから2~3時間で血管が修復されるんですよ。

 

瘀血体質の人は、冷え性だったり、顔にシミやクマができやすかったりするので、毛細血管の減少を防ぐことが大事です。わたしの場合、冷え性はほぼ治ったのですが、目の下のクマはまだ気になるので、積極的にシナモンを摂るようにしています。

 

スポンサーリンク

 

シナモンの選び方

cinnamon3

実はシナモンといっても、厳密にいうと2種類あるんです。主に中国産のシナモンは「カシア」という種類で、スリランカ産のシナモンが「セイロンシナモン」と呼ばれているものです。

 

どちらもクスノキ科の常緑樹の枝や幹などの樹皮をはぎとって乾燥させたもの。「カシア」はスパイシーで芳醇な香り、「セイロンシナモン」はマイルドで甘い香りがします。

 

価格は「カシア」のほうが若干お安く、カレーのスパイスとして使われているのも、スタバのトッピング用に置いてあるのも、実は「カシア」なんですよ。

 

さらに漢方薬(桂枝・桂皮)で使われているのも「カシア」。子宮筋腫で処方されることが多い「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」という漢方薬にも、カシアが使われています。 

 

一般的にわたしたちが「シナモン」だと思っているのは、実は「カシア」の可能性が高いんですね。

 

下の表にわかりやすく「カシア」と「シナモン」の違いをまとめてみました。 

cinnamon_hikaku2

 

ちなみに京都の有名なお土産「八つ橋」に使われているのは【ニッキ】と呼ばれているもの。ニッキは「樹皮」ではなく「根」の部分のことで、日本特有のものです。

 

日本では3つとも「ニッキ」または「シナモン」と呼ばれていますが、本物の「シナモン」は、スリランカ産の「セイロンシナモン」だけ

 

ヨーロッパでは「カシア」と「セイロンシナモン」は明確に区別されているようです。

 

「カシア」は、スパイシーでパンチが効いていますが、過剰に摂取すると肝機能障害になる可能性がある【クマリン】という成分も「セイロンシナモン」より多く含まれているんです。

 

過剰に摂取しなければ全く問題ありませんが、クマリンの含有量が少なく、品質も高いといわれている「セイロンシナモン」を使うのが安心です。

 

さらにシナモンは農薬の影響を受けやすい「樹皮」の部分なので、毎日摂取するなら「オーガニック」のものを選んでくださいね。

 

おすすめはこちらのセイロンシナモンパウダー。有機JASマーク付きのオーガニック商品です。

 

シナモンの1日の摂取量 

シナモンの1日の摂取量は「0.6 g ~3g」 といわれているので、 ティースプーン1杯程度(小さじ1)なら問題なく摂取できます。

 

玄米甘酒 with シナモン

cinnamon_amasake1

わたしが最高に美味しいと思っているのは、温かい玄米甘酒にシナモンをトッピングする飲み方。濃縮タイプの玄米甘酒を使えば、お湯を注ぐだけで簡単に「ホット玄米甘酒」ができます。

 

カップ半分くらいまで玄米甘酒を入れたら、そこにお湯を注いで、シナモンパウダーを振りかけたら出来上がり。甘酒の甘さにシナモンが加わると、デザート感覚でいただけます。ジンジャーパウダーも加えると、さらに体が温まります。

 

濃縮タイプの甘酒でない場合は、鍋かレンジで甘酒を温めてからシナモンをトッピングしてくださいね。

 

こちらの玄米甘酒(濃縮タイプ)を使っています。

 

カフェインレスコーヒー with シナモン

cinnamon_coffe

コーヒーにシナモンは「てっぱんな組み合わせ」ですが、カフェインレスコーヒーにももちろん合います。

 

ブログでも何回かご紹介している小川珈琲店のカフェインレスブレンドが飲みやすくておすすめです。

 

カフェインレスのフレーバーティー with シナモン

cinnamon_tea2

シナモンはカフェインレスの紅茶にトッピングしても美味しくいただけます。アールグレイなどの紅茶にも合いますが、わたしが気に入ってるのは「フレーバーティー」にトッピングする飲み方。

 

バニラやアップルフレーバーの紅茶とすごく相性がいいんです!子宮筋腫の方に乳製品はあまりおすすめできませんが、ここにミルクを入れると格段に美味しくなるので、たまにミルクも入れちゃいます。

 

アーマッドティーのフルーツセレクションは、デカフェ(カフェインレス)ブレンドもあります。特にアップルティーが絶妙にシナモンと合いますよ。

 

スポンサーリンク

 

おわりに:温活とリラックスにシナモン

シナモンの甘くやさしい香りは「リラックス効果」もあるので、寝る前やリラックスしたいときに摂られるのも最適です。お酒が飲める方は、温めた赤ワインにシナモンをトッピングしても美味しいです。

 

子宮筋腫にはこのお茶がオススメ:ルイボスティーよりも効果あり」で書いたように、午前中やオフィスにいるときは「黒炒り玄米茶」や「黒豆茶」を飲んでいるので、シナモン入りのドリンクは夜や寝る前に飲んでいます。

 

毛細血管を修復し丈夫にしてくれる「シナモン」を利用して、冷え性や瘀血体質を改善していけば、子宮筋腫にもよい効果が現れてきます。ぜひシナモンを取り入れて温活してみてくださいね。

 

 

子宮筋腫を改善する食べ物の話はこちら

子宮筋腫を予防する食べ物:薬膳食材【きくらげ】の効能・おすすめレシピ

子宮筋腫の人の食事に肉は食べない方がいい?ゆるマクロビがオススメな理由