巨大子宮筋腫でも小さくなるの?

筋腫の巨大化から縮小までのワタシの記録

子宮筋腫の自然療法は【シャタバリ】のハーブティーがおすすめな理由

子宮筋腫 ハーブティー

(2018年5月13日)

わたしが今まで受けてきた子宮筋腫の手術や治療は、リュープリンのホルモン療法(32才のとき)・筋腫核出術(33才のとき)・UAE(44才 ← 最近)です。

 

色々と現代医療(西洋医学)を受けてきて思ったのは、一時的に子宮筋腫が小さくなったとしても、筋腫ができる体質が変わらなければ、また再発してしまうってこと。

 

リュープリンのホルモン療法に関しては、子宮筋腫はまったく小さくならなかったし、ただただ副作用がつらいだけだったなと。もちろん副作用がなく効果がある方もいらっしゃいます。

 

子宮筋腫は死ぬような病気ではないし、月経過多や貧血のようなつらい症状がなければ放置してしまいがちです。前から筋腫はあるけど気付いたら「数が増えていた」とか「大きくなっていた」とか、筋腫持ちあるあるですよね。

 

わたしも筋腫核出術(← 開腹して筋腫だけを取り除く手術)を受けて、子宮筋腫がなくなったら安心して放置してしまいました。案の定、筋腫は3年後に再発して、その後さらに多発して、最終的には手術をしたときよりも筋腫が大きく育ってました。

 

もし手術後すぐに食事や自然療法で体質改善をしていたら、子宮筋腫が巨大化することもなかったのかなと思うのです。それに赤子を産むことだって出来たかもって思ってしまいます。

 

まあ今さら後悔しても仕方ないのですが、でもやっぱり後悔しちゃう。今はその後悔をモチベーションに変えてブログを書いてます。同じように子宮筋腫で悩んでいる方のお役に立てたらいいなって思うので。

 

わたしは子宮筋腫が巨大化してお腹がぽっこり出てきてから、色んな自然療法を試してきました。このブログでも書いてきたように、食事療法(マクロビ)・岩盤浴・酵素風呂・ヨモギ蒸し・足つぼ・漢方・針灸・アロマ・フラワーエッセンスなどなど。

 

漢方は体質に合いませんでしたが、いろいろ試した結果、冷え性が治り、子宮筋腫が縮小したので、治療や手術だけに頼らず、自然療法で体質改善をして免疫力を上げることは大事 だと実感しています。

 

最近わたしが注目しているのは【シャタバリ】というハーブ。シャタバリは、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」で使われているハーブで、女性ホルモンバランスの維持や、若返りに効果があるんです。

 

この【シャタバリ】が含まれているハーブティーを毎日飲んでいたら、PMS症状が緩和し、UAE後に極端に減ってしまった経血量も少し増えて、不安定になっていた生理周期も整ってきました。

 

実は以前も飲んでいたことがあったのですが、PMSや生理痛が改善して、子宮筋腫もすこし小さくなったから、なんとなく飲まなくなってしまったんです。今回も調子が良くなったけど、更年期対策のために飲み続けようと思ってます。

 

ということで、今回は【シャタバリ】のハーブティーを紹介します。子宮筋腫・不妊・PMS・生理痛・更年期など、女性ホルモンのバランスを整えて不調を改善したい方はぜひ参考になさってくださいね。

  

話題の“女性の強壮剤”シャタバリもブレンド!
>> enherbのハーブティー「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」

 

 

そもそも自然療法とは?

薬に頼るのではなく、自然にあるものを使って心身のバランスを整えることで、わたしたちに本来備わっている自然治癒力や免疫力を高め、健康を維持することや病気を改善することです。

 

代表的なものは、アーユルヴェーダ・東洋医学(漢方)・アロマセラピー・ハーブ療法・針灸・つぼ・食事療法・マクロビオティックなど。自然療法は現代医療が普及するずっと前から行われていて、今も世界中で受け継がれています。

 

ですが…大切なのは「自然療法」だけに頼るのではなく、現代医療(西洋医学)と組み合わせて、両方の良いところどりをしながら病気や不調を改善していくことかなって思います。

 

スポンサーリンク

 

シャタバリの効能は?

シャバタリは、この⇩植物で、薬草として使われるのは「根」の部分です。

 

シャタバリはサンスクリット語で「100人の夫を持つ力を与える」という意味で、100人の夫を持てるくらい女性が元気になるハーブなんです。。って元気でもそんなにたくさん夫はいらないですけどね…

 

シャタバリは、女性ホルモンのバランスを整えて受胎能力を高めることから「妊活中の方」にも、母乳の出がよくなるということから「授乳中のママ」にも、生理痛・生理不順・PMSにも効果があるハーブです。

 

また更年期の前からシャタバリを取り始めると更年期が軽くなるというので、そろそろプレ更年期に差し掛かるわたしも続けて飲んでみようと思ってます。

 

【シャバタリ】は、PMS・生理のトラブル・不妊・授乳中・更年期など、あらゆる年代の女性に支持されるハーブということですね。

 

そして…女性だけでなく男性にも、精子の量を増やし質を高める効果がある(前立腺の若返り作用)ので、ベビ待ちの方はカップルで摂られるのがおすすめです。

 

シャタバリ配合のハーブティー

enharbハーブティー

こちら enharb の【女性リズムを笑顔で過ごしたい時に】 というシャタバリ配合のブレンドハーブティーを毎日1回飲んでいます。

 

このハーブティーを飲むようになってから、生理前のイライラが落ち着いてきました。いつも穏やかな気持ちでいられるので、ほんと「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」という名前がピッタリなハーブティーかもしれません。

 

「シャタバリ」の他にも、ラズベリーリーフ・ジンジャー・ターメリック・レッドクローバー・レモンマートル・スカルキャップ・ジャーマンカモミール・オレンジピールが含まれていて、それぞれのハーブの相乗効果で、女性の美と健康をサポートするブレンドになってます。

 

ちなみに【ラズベリーリーフ】は、妊活中や産後の方に人気のハーブですよね。産前産後だけでなく、子宮の状態を正常に整える働きもあるので、PMSや生理痛などにも効果があるハーブなんですよ。

 

★ノンカフェインで砂糖や添加物は含まれていないので、お休み前に飲んでも安心。ジンジャーも入っているのでカラダが温まるし、美味しくて飲みやすいハーブティーです。

 

種類は「茶葉」と「ティーバック」の2種類

enharbシャタバリ

わたしは家で飲むときは「茶葉」タイプを使ってます。ちょっと面倒ですが、こんな風に乳鉢を使ってハーブをグリグリ細かく潰してからお茶パックに入れて、ティーバックを作ってます。

 

enharb シャタバリハーブティー

わざわざ細かくしなくても美味しくいただけますが、潰したほうが香りが広がって(特にオレンジピールを潰すといい香り)、薬効成分が抽出しやすいんです。ってことを以前通っていたメディカルハーブの教室で習いました。それに魔女っぽくてなんだか楽しいので、毎回こうしてます。

 

enharb シャタバリ ハーブティー

ここにホルモンバランスを整える「ブッシュフラワーエッセンス・シーオウク」を数滴加えてから飲んでます。植物つながりで、ハーブティーとフラワーエッセンスは相性が良いそうです。

 

フラワーエッセンスのことは「子宮筋腫のホルモンバランスを整える【アロマ・フラワーエッセンス】」で書いているので、よかったらご覧になってくださいね。

 

enharb エンハーブ

「ティーバックタイプ」は、オフィスで飲んだり、旅行に持って行ったりするときに便利です。ちょっとしたギフトにもおすすめ。妊活中の友人にプレゼントしたら喜んでもらえました。

 

シャタバリのハーブティーを試してみたい方はサイトをチェックしてみてくださいね。
>> enherbのハーブティー「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」

 

シャタバリのハーブティーの効果

リラックスティータイム

去年UAE(子宮動脈塞栓術)を受けてから、PMS症状がひどくなったり、生理周期が乱れたり、経血量が驚くほど減ってしまったりと、ホルモンバランスが乱れていたのですが、このハーブティーやフラワーエッセンスのおかげで、だいぶ調子が整ってきました。

 

この調子で、あと数年でやってくるであろう更年期もホルモンバランスを整えてスムーズに乗り越えたいと思います。

 

いつも笑顔でハッピーで過ごすには、まず健康であることが重要ですよね。健康でいること、つまり「ココロもカラダも不調がない状態」でいるために、アロマやハーブなど植物の力を借りて、病気や不調を未然に防ぐのが目標です。

 

自然療法も利用して子宮筋腫を小さくしたい方は、シャタバリのハーブティーを試してみてくださいね。

 

ハーブティーの他にこちらのお茶も飲んでます

子宮筋腫にはこの【お茶】がオススメ:カフェインレスで毎日飲めるお茶

 

 

 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」